生活習慣

生活習慣

男性ホルモンにはテストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエビアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどがあり、一般的なAGA男性は総テストステロンのレベルは低いとされている。
男性のAGAは遺伝的な要素はAGAの発症や進行に大きくかかわっているが、生活習慣もまた大きな要素となっている。日本では第二次世界大戦後に男性型脱毛症が激増したことが一つの例としてあげられる。
毎日有酸素運動を十分行うと筋肉量の増加を目的として男性ホルモンレベルを高めるようにデザインされていて、短時間の不定期な運動に比べてインスリンのベースラインは低くなる。
やはり大戦後の日本人が生活習慣が怠慢になりそれが遺伝としてもともとあったAGAを発症させ、日本人中に激増したのではないでしょうか?性欲とも関係していることから性に対し世間的に軽くなり、そんな男性が増えたことで遺伝、生活習慣などと併合して発症をすすめたのではないだろうか。今の時代では20代でAGAに発症している方に会うことがある。これは生活習慣の悪化が一番の原因ではないだろうかと思う。研究が進むにつれてもっと別の要素があるとわかっていたとしてもやはり生活習慣をきちんと摂取し、運動を忘れずに毎日を過ごすことが、AGAだけではなく、すべての生活習慣病、慢性的な病気から体を守り、健康で活発な毎日になるのではないだろうかと思う次第である。
copyright(C)フサペシア