前立腺肥大症

前立腺肥大症

フィナステリドという商品がある。これは抗アンドロゲン薬の一つであり、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する酵素であります。5−アルファ還元酵素を阻害することによって作用する薬で、前立腺肥大症に対して低用量で前立腺癌に対して高用量として使われています。ドキサゾシンと組み合わせて用いることにより、前立腺肥大症の症状が進行する危険性を低減することが知られている。また男性型脱毛症の治療薬として多くの国で登録されていて、日本ではプロペシアが発売している。
もともとこの薬でどういう経緯で研究されてたかというと1991年にフィナステリドの開発が始まりました。もともとは前立腺肥大の治療薬としてプロスカーの商品名で認可されました。しかし、そのあと1mg用量での研究によって男性型の脱毛症において毛髪の成長が明らかにされたそうです。
1997年にFDAはフィナステリドを男性型脱毛症の治療薬として認可しました。2006年の段階では世界60か国以上で承認され販売されています。日本は2005年に厚生労働省に承認されました。
飲む脱毛抑止剤と言われており、発毛に作用する薬ではありませんが、臨床結果では発毛も見られたとのことです。
服用後
copyright(C)フサペシア