エロい人ほどハゲやすいその噂を検証してみた

エロい人ほどハゲやすいその噂を検証してみた

よく性欲が強いとハゲやすいといいますよね。その根拠は性欲が強いということは男性ホルモンが多いということ、つまり脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが多く分泌されその結果ハゲるというわけです。今回はエロい人はハゲるのか検証してみました。

薄毛と男性ホルモンを検証した実験としてハミルトンの実験は有名です。1942年、ハミルトンは一卵性双生児の兄弟が兄はハゲて、弟はふさふさなことに気が付きました。その兄弟は弟が去勢されており、男性ホルモンを分泌できなかったことから、ハミルトンは薄毛の原因は男性ホルモンではないかと考えました。そこで、弟に男性ホルモンを注射してみると弟も兄と同様にハゲてしまったのです。

男性ホルモンが性欲をわかせますから、性欲が強い人は男性ホルモンが多いということですね。ただ、男性ホルモンが脱毛を引き起こすのではなく、毛根に存在する5αリダクターゼという酵素と男性ホルモンが結びつくことで脱毛します。この酵素も人それぞれでこれは性欲とは関係ありません。

結論として性欲が強い人は薄毛になりやすいのは本当のことのようですが、頭皮に存在する酵素の量によっても変わるので例外はあるということですね。性欲が強いと必ずハゲるというわけではなかったんですね。
copyright(C)フサペシア